はくちょう座サドル周辺の発光星雲を撮影しました。

7月20日の0時頃に、はくちょう座サドル周辺の発光星雲を撮影しました。

サドルは眼視で分かりましたが、周りにある発光星雲は眼視では全く見えなかったのです。そのため、カメラ(eoskiss-X9)の感度は前回と同じく最大(ISO25600)まで上げて露光30秒にして撮影しました。やはり画面ノイズはそれなりに多いですが、星雲の輪郭は映り込んでいました。

また、SV503_ED80(560mm)は焦点距離がターゲットには長すぎたようで全体はとらえられませんでしたが、次回は焦点距離の短い鏡筒で再度撮影したいと思います。

鏡筒はSV503_ED80でQBPフィルターを合わせて使用しましたが、サドルに赤外線によると思われるハロが発生していました。

強く光る星を写真に入れる場合は、QBPフィルターとUV/IRカットフィルターを併用する必要があるかもしれませんね。

撮影した写真はステライメージ9で自動コンポジットした後、フラット補正等の画像処理をして完成としました。

【撮影条件】望遠鏡(Svbony_SV503-ED80(560mm)+QBPフィルター、赤道儀(ケンコー(SEⅡ-J))、オートガイダ(QHY5L-Ⅱ-M)、カメラ_EOSKiss-X9(天体改造)、ステラショット2、ISO25600、露出時間30秒×21枚、ダーク×20枚、コンポジット&画像処理(ステライメージ9)

【撮影日時】2021年7月20日 0時頃

【写真】はくちょう座サドル周辺の発光星

 

f:id:remiruton:20210722140402j:plain

 

北アメリカ星雲とペリカン星雲を撮影しました。

 

7月19日の1時頃に、同時に撮影した北アメリカ星雲とペリカン星雲の写真を紹介します。

今回は眼視では全く見えなかったので、カメラ(eoskiss-X9)の感度を最大(ISO25600)まで上げて露光30秒にして撮影しました。やはり画面ノイズはそれなりに多いですが、星雲の輪郭は映り込んでいました。

鏡筒はSV503_ED80でQBPフィルターを合わせて使用しました。

SV503_ED80はアポクロマート鏡としては安価でピントも綺麗ですが、写真にすると想定以上に青ハロ、パープルフリンジが目立ちます。ところがQBPフィルターと組み合わせると青ハロ、パープルフリンジが嘘のように発生しなくなりました。

撮影した写真はステライメージ9で自動コンポジットした後、フラット補正等の画像処理をして完成としました。

【撮影条件】望遠鏡(Svbony_SV503-ED80(560mm)+QBPフィルター、赤道儀(ケンコー(SEⅡ-J))、オートガイダ(QHY5L-Ⅱ-M)、カメラ_EOSKiss-X9(天体改造)、ステラショット2、ISO25600、露出時間30×21枚、ダーク×15枚、フラット×10枚、コンポジット&画像処理(ステライメージ9)

【撮影年月日】2021年7月19日 1時頃  

【写真】 北アメリカ星雲(左)、ペリカン星雲(右)

f:id:remiruton:20210719174906j:plain

 

新型CMOSカメラ(Player-one社製 Neptune-CⅡ)で月を撮影しました。

ポチリ病が発生して、新型CMOSカメラ(Player-one社製 Neptune-CⅡ)を購入してしまいました。

CMOSチップがSONY製の464で、すでに発売されて評判が良いZWO社のASI462MCの462チップと同じチップ特性で、画素数が1936×1096(1/2.8型)から2712×1538(1/1.8型)に増加しており、ZWO社より安価だったのでポチってしまいました。

製品到着後は夜の天気が悪く撮影できませんでしたが、本日、月の撮影ができましたのでその画像を紹介します。但し、初めての撮影のため月が画像からはみ出てしまいました。次回はレデューサをつけて焦点距離の短い鏡筒を使用して再度撮影したと思います。

【撮影条件】鏡筒(ビクセン A62SS(520mm)+QBPフィルタ)、赤道儀(SkymemoS)、カメラ(Plyer-one社製 Neptune-CⅡ)、撮影ソフト(Sharpcap4.0):16ms×880フレーム)、スタック処理(Autostakkert3)、画像補正(ステラショット9)

【撮影月日】2021年7月16日 20時頃

f:id:remiruton:20210716234720j:plain

 

M66銀河群を撮影しました。

4月20日の22時頃に、撮影したM66銀河群の写真を紹介します。

M66を狙って撮影しましたが、同じ方向にあるM65、NGC3628も同時に撮影されていました。

撮影した写真はステライメージ9で自動コンポジットした後、フラット補正等の画像処理をして完成としました。

鏡筒はBKP150(F5/750mmm)を使用したのですが、露出時間(10秒)を短くしたため、光量不足となってしまいました。

次の撮影時にはQBPフィルターと組み合わせて長い露出時間(30秒以上)で行いたいと思います。

【撮影条件】望遠鏡(スカイウォッチャーBKP150(750mm))、赤道儀(EQ6PRO-J)、オートガイダ(QHY5L-Ⅱ-M)、カメラ_EOSKiss-X9(天体改造)、ステラショット2、ISO3200、露出時間10秒×30枚、ダークファイル×20枚、コンポジット&画像処理(ステライメージ9)

【撮影年月日】2021年4月20日22時頃

【M66銀河群】 M66(左下)、M65(右下)、NGC3628(上)f:id:remiruton:20210707222701j:plain



網状星雲(NGC6992)を撮影

6月27日の1時頃に、Kenkoのアクロマート鏡筒(SE120L)とQBPフィルターを組み合わせて撮影した、網状星雲(NGC6992)の画像処理が終わりましたので紹介します。

撮影した写真はステライメージ9で自動コンポジットした後、フラット補正等の画像処理をして完成としました。

星雲を明るく見せる、画像処理技術の習得が私の課題です。

【撮影条件】望遠鏡(ケンコー_SE120L(1000mm))+QBPフィルター
赤道儀(SEⅡ-j)、オートガイダ(QHY5L-Ⅱ-M)、カメラ_EOSKiss-X9(天体改造)、ステラショット2、ISO3200、露出時間30秒×20枚、ダークファイル×15枚、コンポジット&画像処理(ステライメージ9)

【撮影年月日】 2021年6月27日【網状星雲(NGC6992)】

f:id:remiruton:20210629203804j:plain

 

SE120L(アクロマート)とQBPフィルターで網状星雲(NGC6960)を撮影。

6月27日の0時頃に、Kenkoのアクロマート鏡筒(SE120L)とQBPフィルターを組み合わせて、網状星雲(NGC6960)を撮影しました。

結果は、QBPフィルターの威力もあり、フィルター無のSE120Lで発生していた、青ハロ、パープルフリンジはほとんど発生しませんでした。

撮影した写真はステライメージで自動コンポジットした後、フラット補正等の画像処理をして完成としましたが、星雲を明るくする処理技術がないため以下のような写真が妥協点になりました。

星雲を明るく見せる、画像処理技術の習得が私の課題です。

【撮影条件】望遠鏡(ケンコー_SE120L(1000mm))+QBPフィルター
赤道儀(SEⅡ-j)、オートガイダ(QHY5L-Ⅱ-M)、カメラ_EOSKiss-X9(天体改造)、ステラショット2、ISO3200、露出時間30秒×21枚、ダークファイル×15枚、コンポジット&画像処理(ステライメージ9)

【撮影年月日】 2021年6月27日【網状星雲(NGC6960)】

f:id:remiruton:20210628223132j:plain

 

ばら星雲(NGC2237~39、NGC2246)です。

撮影したデータで未処理の「ばら星雲(NGC2237~39、NGC2246)」を画像処理しましたので紹介します。

今回も、星雲を強調するとノイズが多くなり画面が荒れてしまいました難しいです。

この写真はその妥協点になります。

【撮影条件】望遠鏡(SVBONY_SV503_80ED(560mm))、赤道儀(SEⅡ-j)、EOSKiss-X9(天体改造)、ステラショット、ISO1600、露出時間30秒×21枚、ダークファイル×5枚、コンポジット&画像処理(ステライメージ9)

【撮影年月日】 2020年11月11日【ばら星雲(NGC2237~39、NGC2246)】

f:id:remiruton:20210620225515j:plain